「正しい家計管理」を読んでお金の管理について考える

お金の勉強

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

「正しい家計管理」という本を読みました。

こちらも、コツコツ主婦さんのブログで知った本なのですが、(すでにコツコツ主婦さんのファンになっております)、こういう考え方を知らなかったので、目からウロコ、というかちゃんとお金について管理したいな、と思わせてくれる本でした。

いろいろ考えさせられたので、ちょっとまとめてみようと思います。

我が家も初めてみたいですが、最初はものすごく時間がかかりそう。

育児の合間に娘をおんぶして寝かしつけてブログを書いて、家計管理もしてだと・・・時間が足りない・・でも絶対したほうが良いと感じています。

やってみるか・・・どうしようか。

スポンサーリンク

我が家はどんぶり勘定に近い

我が家は、どんぶり勘定に近いです。

この本にも書かれているNGに入るやり方ですが、主人から毎月一定の金額をもらって、それでやりくりしています。

共働きだし、いっか、と思ってました。

しばらくはこのスタイルは変える気はないのですが、このやり方でもいいのかな・・・主人に相談してみようかな・・・。

家計簿はつけるだけでなく、見直しが大切

何のために家計簿をつけるのか?つけて安心していませんか?

現状把握して、これだけつかっている〜だと家計簿をつける意味がない、と本に書かれています。

家計簿をつけて、支出しているものはなにか、自分の生活スタイルに合っているのか、どう改善していくのが良いのか、今後の生活イベントに向けて、何をどう貯めて、どうお金を使っていけば良いのか、ちゃんと考えていくことが大事なんですね。

肝心なのは「記録」より「見直し」

と本に書かれています。

私、家計簿何度かつけていますが、半年も経たずにつけなくなることが多いのは、見直ししてないからかなぁ。

 

また、「高いけど、私も働いているから服を買おう!」とか、お買い物の時になんとなく、そんなことを考えて買うのは危険。それよりも、「衣類には毎月これくらいの予算を割り当ててるから、今買えるな」と、もともと自分が決めたことに対してお金を払うのはOK。いかにお金のことについてちゃんと考えているか・・・がポイントなんですね。

そんな考えしたことなかったなぁ。

ついついお買い物して、「今月多く使っちゃった!ま、仕方ないや」でした。。

ノート2冊用意、そして手書き

「正しい家計管理」ではノートを2冊用意します。

2冊目は「財産目録」。2つ目は「予算・収支」用です。

目的が違うこの2つのノート。

最初は作りあげるのに時間がかかるといいますが、一度完成すればあとは簡単。家計簿をつけなくても良いそうなんです。大切なのは、使えるデータがあること。

まぁ、家計簿、つけても一個一個のデータ後から使わないですよね。。

そして、ノートは絶対に手書きで書くこと。手書きをすることで、数字を覚えるのだそうです。

この本を書いている林さんも職業柄、PCを使うことが多いそうなのですが、家計管理は手書きがオススメとのことです。なんだか説得力がありますね。

まとめ

今回は「正しい家計管理」という本について、自分の今の家計管理の実態について考えながらレビューさせていただきました。

投資をする目的は、お金を増やしたい、というものですが、そもそも何にどれくらいお金を使いたいか、具体的な数値まえで落とせていないので、そういうことからちゃんと考えていかなければならない、と思いました。

私も正しい家計管理、時間がかかりそうですが、ちゃんと始めてみようと思います。

問題は図書館で借りた本なので、借りれるのは2週間ほど。買おうか迷い中です・・・!

またこちらでも進捗をお伝えさせていただきます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました