はじめての株1年生を読みました

お金の勉強

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

株投資を始めてから何年も経つけれど、適当に好きな銘柄を選んで、なんとなく儲けて、なんとなく損をしている私。

ここはちゃんと「初心者向けの本を読むべきなのでは?」と思い、ネットで評判の良い「はじめての株1年生」を読む事にしました。

結果、読みやすかったですし、今自分がどれくらいの知識があるのか、初心者なのか、中級者よりの初心者なのか、だいたいの位置がわかりました。

では、早速ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

初めての人でも読みやすい

読んでみて、「すごくわかりやすい」というのが感想です。

「株って何?」という出だしから、株を買うメリット、口座の開設方法、株取引のルール、投資先を探すレベルなどがすごく丁寧に書かれています。

「とにかく最初に読んでほしい本」と表紙に書かれている通り、内容もぎっしり丁寧、そしてわかりやすいです。

これを1冊しっかりと読んだら、株の基本知識が身について、着実に始められると思います。

ちょっと株を始めてみた人でも、当てはまるところがたくさん

読んで嬉しかったのが、著者の竹内さんも、「なんとなく良さそう」という理由で投資先を選んでいたこと。そして損をしていて、「これはダメだ!」と勉強をしっかりと始められたこと。

少しですが、その状況が今の私にも当てはまるような気がしています。

(私は勉強はまだまだですが)

そのため、「完全な初心者」ではなく、「株を始めたけど、まだよくわからない」「このまま進めていいのか、どういう投資のやり方があるのか」「基礎に振り返りたい」という方にもオススメです。

今自分はどれくらいの位置にいる?

本には、「投資先を探すレベル」というのが、書かれてあります。

引用ですが

レベル1:日常生活とかかわりある会社から選ぶ

レベル2:マネー雑誌やテレビ、インターネットで推されている会社を選ぶ

レベル3:条件をつけて会社を絞り込む

レベル4:会社四季報を使って会社の分析をする

レベル5:投資家向けの情報を見て会社の分析をする

(本「はじめての株1年生」から引用させていただきました。)

とあり、この情報が私にとってとてもよくて、今自分はどの位置にいるのかを知る事ができました。

私は、レベル3くらいでしょうか。レベル1と2は行っていますが、レベル3〜4はどれも適当に見ているようで、見ないことが多いです。

レベル5も、気が向いた時、稀にしか見ないので、こういった各レベルの事をちゃんと押さえながら投資を進めるのが良いんだろうな、と感じました。

もちろん、経済ニュースもちゃんと押さえたいです。

この本を読んで、これからどういう風に投資を進めていけばいいのか、レベルをあげていくのがわかりやすいので、株投資のレベルアップする手順をざっくりと教えてもらった気がします。

まとめ

今回は「はじめての株1年生」という本のレビューをさせていただきました。

これから始めて株を始めようと思っている方、株の初心者向けの勉強をしたい方、ちょっと始めてみたけど、初心に戻りたい方にオススメの本です。

私も今一度しっかり勉強して、銘柄を選ぶ基準をきちんと儲けて進めたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました