投資ブログを5ヶ月続けて思うこと

未分類

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

このブログでは投資のことについて書いていこうと思いましたが、毎日毎日投資をしているわけではないし、そもそも知識がそんなにない私。

投資はしているけど、そんな頻繁でもないし、今の所勉強だって大してしていないし、せっかく読んでくださっている方に向けて、有益な情報をきっちりとお届けできているかといえば、そうではないなぁ・・・と思うこともしばしば。

そこで、ちょっと初心に戻ってみることにしました。

スポンサーリンク

このブログを始めた時の考え

そもそも、このブログを始めた時、

「お金を増やしたい!」

「投資ブログを書きたい!」

「今まで投資をやっていて、元金100万円で、プラス100万になったから、今後の取引内容を書くぞ!」

「書くことで、投資力を高めるぞ!」

と思っていました。

今思うと「投資」というキーワードが自分の中で先行していた気がします。

投資ブログを書き続けて半年どう変わった?

投資の頻度が増えた

ブログを書くことで取引をする頻度が前よりも増えています。(保有する銘柄は増えましたし、銘柄の幅も広がりました)。

証券会社の口座も確認する機会が増えました。

投資の勉強をするようになった

「日経マネー」や「ダイアモンドZAi」の雑誌を購読するようになりました。

また、会社四季報系も読むようになりました。

そして、「YAHOO!ファイナンス」でポートフェリオを作って眺めています。

本もいろいろ調べて読むようになりました。

育児中のためなかなか時間の確保が難しい面もあり、勉強よりもブログを書くことの方を優先していますが、勉強はこれまでよりもやりたい!と感じています。

家計についてもしっかりと考えるように

家計について、ちゃんと考えるようになりました。

きっかけは子供が生まれたことが大きいかもしれませんが、

今まで

「共働きだからいっか」

「毎日頑張ってるからこれくらいの贅沢いっか」

と、なんとなく使っていたお金をしっかり管理して、節約しよう!という思いが大きくなってきました。

お金に簡単に増やせて、お金に困らない生活を・・・と思っていたのですが、お金が増えるだけでは何も解決しない。

何にもしていないと、

「共働きだからお金はある程度あるけど、何も考えてなくて大丈夫かな?」

「たまに贅沢しているけど、こんな使い方していて大丈夫かな・・・?」

という不安はずっとつきまとってしまう。

将来どういう使い方をしたいのか、どれくらいの金額を貯めたいのか、をしっかりと考えて

そのために、今現在、どこにお金を使うべきなのか、どのような手段で貯めていくべきなのか、

しっかりと納得した上でお金を使うこと・貯めることを実践していくべきだと思いました。

そもそもどうしたいか?

「お金を増やしたい」というのは、私にとって「お金のことで不安にならない生活を送りたい」です。

お金がいくらあっても、意識しないで使っていれば、それだけ漠然とした不安を感じることも多い。

お金がなくても、ちゃんと管理しながら使っている人は、把握できていることが多い分、不安に感じることが圧倒的に少ない。

お金がある方がたくさんの物を買えることには変わりありませんが、大切なのは「ちゃんと管理していること」ですよね。

今年家計簿をつけて、見直してみて、意識せずに使っているとこんな結果になるのか・・・と感じました。記入された家計簿をあまり見たくない・・・とも思いました。

「お金のことで不安にならない生活」とは、家計簿を見ても不安にならないこと、将来の目的のために今あるお金をきちっと管理できていること。

自分にとって必要なだけの使い方と節約ができていること。

人それぞれやり方が違うと思いますが、私は今あるお金と上手に向き合っていきたいです。

もちろん、投資も続けていきますが、それとプラスして、お金との向き合い方、家計の管理についてもこのブログで書いて、お金を大事にしていきたいな、と思いました。

まとめ

今回は、このブログを5ヶ月続けて思っていることを書かせていただきました。

当初は「投資一本!」で考えていましたが、ネタがなくなって・・どうしよう・・ブログ書くことないんじゃやめた方がいいのでは・・・ともネガティブなことも思っていましたが、じゃあ何を書きたいのか、私はどうしたいのか、と自分とじっくり向き合うことができました。今は、ブログを続けてよかったと思っていますし、これから自分の生活に沿った形で書き続けたい内容も色々とでてきて、ブログを書くのが楽しみにもなってきました。

これからも書き続けていきますので、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました