投資で損をしてもやめない。投資を7年続けている私が行っていること

株日記

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

投資を続けてもう7年になりますが、順風満帆に続いているわけではなく、

損をしてモチベーションが下がってしまい、もうやめたくなること、多々あります。

特にここ半年は保有した銘柄がマイナス続きなので、ずっとどよーんとした気持ちです。

今持っている銘柄の株、購入した金額と交換してほしいくらいです。

 

そんな投げやりになっている私も、投資を続けて7年も経ちました。色々ありましたが、なんとかモチベーションを取り戻してここまできています。

今回は、そんなモチベーションが下がって「もう投資やめたい」と思っている方に向けて、私が7年投資を続けられている方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

しばらく落ち込む

マイナスになったなら、私は思いっきり落ち込みます。

負の感情、マイナスな感情が押し寄せてきますが、無理に明るく振舞うことはしません。

10万で購入したら5万になった・・・とかよくありますし、

「この5万で、あれが買えたじゃないか!旅行に行けたじゃないか!」とやってもいないことを想像することもあります。

悔やんだって、どうにもならないんですが、私は「落ち込む気持ちが大事」と思っています。

しばらく落ち込んで、悔しい思いをしたからこそ、次はがんばるぞという前向きな気持ちに、徐々になっていくものです。

本を読む

失敗した時にこそ、投資家の本を読みます。

読めば読むほど、成功している投資家は、大きな失敗をしている、ということがわかります。

失敗してこその成功。

失敗しなければ、成功しない。

今の失敗は自分にとって必要なんだ!と気づくことができ、投資をやりたい!失敗した分取り戻すぞ!という情熱が湧き上がってくるものです。

 

読んだことないけど、こういう本もあるらしい。真理編と実践編。口コミ良さそうなので、読んでみようっと!またレビューします。

 

他のことをする

投資、嫌になったらたまに他のことをすることが多い私です。

ご飯食べにいったり、漫画読んだり、のんびりします。

最近は子供と遊んでいると、投資のことなんて忘れちゃいます。

そして、落ち着いた時になぜか「やっぱり投資をやりたい」という気持ちが芽生えてくるのです。

投資、怖い気持ちはありますが、これまで本を読んだり、株主優待とか投資の中で自分の好きなことを見つけると、損をしてもまた戻りたくなるんですよね。

まとめ

今回は「投資で損をしてもやめない。投資を7年続けている私が行っていること」ということで、まさに損していて、投資のモチベーションが下がっている今、私はこれまで、落ち込んだ時どんなことをしていたのかなぁ、どうして投資を続けているんだろう、と振り返りながら、私が行っていることをご紹介させていただきました。

特に特別なことはしていませんが、自分の気持ちに嘘をつきながら、無理やり投資を続けたくはない。

思い切って落ち込んだり、他のことをして忘れたり、本を読んだり、やりたいことをやるのが、大事だと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました