お金のプロには2種類いる?「増やすプロ」と「吸い取るプロ」

お金の勉強

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

お金のプロには2種類の方がいるってご存知でしたか?

増やすプロ

吸い取るプロ

です。

日本のお金に詳しいプロの方、ほとんどが「吸い取るプロ」なのだろう。

今回はその2種類のプロについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

参考書籍

「お金のプロに聞いてみた!定年までに3000万円貯まりますか?」という本を、知人からオススメされて読みました。

「インデックス投資とかETFを勧める本でしょ?」とか思って読み始めましたが、読んでみるとすごく良いことが書かれていました。

詳しくは本を読んでいただくのがベストなのですが読んでいて、

お金の増やし方を正しく理解すること

お金の勉強に時間をかけること

がものすごく大事なんだなと感じました。

増やすプロ

欧米にたくさんいらっしゃるそうで、「資産運用」ではなく「資産保全」をするそうです。

顧客から預かった大切なお金を、正しい方法で分散して、単利ではなく複利を使って増やすこと。

そして税金・手数料によって減らないように細心の注意を払っている方です。

お客様からお預かりしたお金を大切に扱う人のようですね。

日本の金融の方、「お金を大切に扱う」人であってほしいんですが、実際はそうではないんでしょうか。私は金融関係ではないので、金融知識は無知ですが、そう思うとなんだか寂しくなりますし、預けるのが嫌になってきます。

吸い取るプロ

個人の不安につけこむのが、保険担当者

信頼につけこむのが銀行担当者

だそうです。

なんとショックなのが、日本にいるお金のプロっぽい人、ほとんどが「お金を吸い取るプロ」なのだそう。

まぁ、企業に属している営業担当者って正直、「顧客の利益」以上に「会社の利益」を優先して営業しますもんね。保険会社も銀行も同じ、と思えば納得かも。

本にはなかなか、斬新なことも書かれていますので、気になる方はぜひ!

 

保険のプロや銀行のプロ、私は直接お会いしたことはないですが、

各保険会社や銀行がアピールしている主力の金融商品って「会社や銀行が儲けるためのもの」っていいますよね。顧客のためになる、本当にオススメする商品は出さない・・・って何か別の本に書いてありました。

ちなみに、私の自分自身の保険は必要最低限(会社の医療保険のみ)にしていて、メインバンクは都市銀行です。

保険の見直しをすることは特に考えていないのですが、都市銀行ってメリットがあまりないので、最近メインバンクをネット銀行にした方がいいのかなぁと考えています。

まとめ

今回は「お金のプロには2種類いる?「増やすプロ」と「吸い取るプロ」」ということで、私が読んだ本「お金のプロに聞いてみた!定年までに3000万円貯まりますか?」の感想と、考えさせられた「お金に関する2種類のプロ」についてご紹介させていただきました。

今の世の中、お金に関する知識を知って、個人が正しく行動しないと損をするなぁ。子供にも義務教育以上にお金の大切さ、教えていきたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました