老後は年金に頼らないような生活をしたい

お金の勉強

ご覧いただきありがとうございます。1歳児の育児に奮闘しながら、投資勉強中のワーママ(育休中)のmiho  です。

金融庁から報告書が出て、「100年時代を生きるには、年金の他に2,000万円必要」とニュースで騒がれていますね。

見ていてちょっと気になったので、

何がどう足りないのか

老後にお金に困らない生活をしていくにはどうすれば良いのか

をこの記事でご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

老後足りないお金はどれくらい?

入ってくるお金

年金:19万1800円

その他:1万7318円

合計:20万9198円

 

足りないお金:5万5000円

 

だそうです。

(参照元:金融庁のHPの「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」」より)

 

気になったこと

「その他」1万7318円、について調べてみたら「事業収入」が4,045円、「勤め先収入」が4,232円

残りの「9,041円」はその他とのことでした。

「その他」もあやふやだし、事業収入と勤め先収入って何でしょうね・・・。退職金もその一部ってことなのかしら・・・。

出て行くお金

食費:6万4444円

住居費:4万8825円

その他:医療、交通・通信、娯楽など、その他、税金など

 

合計:26万3717円

とのことです。

(参照元:金融庁のHPの「金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」」より)

 

家庭の平均値なんでしょうかね。

 

ということで、生活していくにあたって、現在は5万5千円ほど足りない、と言われています。

 

ただ、この先年金は下がる一方なので、、もっと足りないことになるんでしょうね・・・。

若い世代は何をすればいいのか

積み立て投資

金融庁からの報告書では、一言で言うと「投資にお金を回せ」的なことが書かれています。

分散投資など、もちろんリスクはつきものです。

当たり前ですが、マイナスになることだってあります・・・。

長期の積み立て投資は、リターンも少ないものの、リスクも他の投資に比べて低いと言われているのでオススメしやすいのかもしれませんね。

最近も長期積み立て投資の本たくさん出てますもんね!ETFとか、インデックス投資とか。

共働きで長く働く

「共働きで長く働くのが現実的ね」とニュースで言われていました。

投資に比べると、お金が減るリスクはないものの、専業主婦の家庭に、今から働きなさいと言われても無理がある・・・。そして、老後はゆったりと自分の好きなことをしたい〜と思っている方に対して、死ぬまで働けと言ってるようなもんですよ。

人生=仕事してなんぼ、

といっているようにしか見えない。

お金を増やす方法

投資

長期積み立て投資、私も始めています。

なんだかんだいっても、子供に金銭面で迷惑をかける親にはなりたくない。

金銭面で色々もめている家族を知っていますし、自分の子にはやっぱり幸せになってほしい。親のことで苦労をかけたくないと思います。

なので、できるだけ投資によってお金を増やしたい!という気持ち反面

投資で今含み損がマックスなのが、現状の私なので、投資に後ろ向きな気持ちでもあります。

長い目で見れば・・・いいのかなぁ。

副業

このブログも副業です。

自分の好きなことを副業にして、楽しみつつ、メインのサラリーマン以外の収入源も確保しましょう!というのが私からのオススメです。

大切なのは、もう一度いいますが「自分の好きなこと」に取り組むことです。

我慢してやらなければならないことを副業にするのは、苦痛以外の何でもありませんです。

自分の好きなことに目を向けて、空き時間・隙間時間をそちらに取り組んで徐々に収入を増やしていくことをオススメします。

私ももっと本腰を入れて取り組まねばな!と思っています

まとめ

今回は「老後は年金に頼らないような生活をしたい」ついて紹介させていただきました。

投資を勧めていますが、それ以外の「本当にしたいこと、どう生きたいか」に目を向けることも大事なのではないかと思います。

しかし人生100年時代。

あなたの100歳はどうなっているんだろう、想像したことありますか?私はまだないです。

子供の成長を見届けて、ピンピンコロリ、笑って死ねるのが理想だなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました